薬剤師は、転職歴を沢山積まない方がいい理由とは?

薬剤師の転職の最大の理由は人間関係です。『最短3日で希望先に勤務可能』とうたっている転職サイトや、頻繁にこの様な求人案内を載せている所は、人間関係に何らかの歪みが出ている職場とも言えます。

転職コンサルタントも、職場にマッチした人材を派遣するのが仕事で、 この人なら務まると面接の末に判断した薬剤師さんに、あっけなく 辞められてしまうケースは、後を絶ちません。

転職サイトは、登録者のデータベースがありますが、同じ職種の 積み重ねで転職歴が積み重なり、その理由が人間関係だった場合、 薬剤師という資格の強みを持っていたとしても、人間性に問題があると判断され、 転職サイトと企業や病院から、あまり良くないイメージを働く前に付けられます。

企業や薬局、病院からしてみると、この人はまた無理難題をつきつけて 転職すると働く前からレッテルを貼られてしまうのはいかがなものでしょうか。 これでは転職サイトを活用できていない上に、登録者にとっても不本意な結果です。

薬剤師として働いてみて、現在の職場でメリットがある面を見つけて見てください。 給与、勤務時間の優遇面、交通費負担もしくは自費、昇給など、実利的な面です。 実利的な面を、かつての転職先と比較してみて複数悪い上に、生活に響く様であれば、 転職も考慮にいれる必要もあるでしょう。

この様な、実利面を比較に出来ない程、現在の職場の人間関係が自分に合わない場合は、 過去の職場の人間関係と比べ合わせてみてください。 過去に退職もしくは転職した場所の人間関係と冷静か客観的に見つめ直すのも一つです。

どうしても、客観的に判断がつかない場合には、転職の際にお世話になった、 転職コンサルタントの方に、相談される事もお勧め致します。 採用された側は、なるべく長期間働いて欲しいという事で採用されているので、 相談内容によっては、働ける場合もあるからです。

現在の職場で、過去の職場に比べて良い点をピックアップし、続けられるなら、 コンサルタントの助力を経て、留まるのも一つの方法です。 改善の余地がみつからない場合には、今度こそ慎重に、転職先を探しましょう。

ページの先頭へ